ちりつも日記

出会ったコトやモノ、起きたコトなどなどを 気ままに書き留めていく日録です
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
Qメソッドセミナー開催中!
「数秒でホッとすることが最強の心を創る」
そのための練習法である<Qメソッド>

Qメソッドとは何か、から
日々の練習法までお伝えするQメソッドセミナーを
東京・大阪・松本で開催しています。

詳しくはQメソッドホームページを
ご覧くださいね〜♪
CATEGORIES
LINKS
RECENT COMMENT
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
    ブログを引っ越します!!

    新しいブログに引っ越すことにしました。

     

    「ちりつも日記2」

     

    名前を考える余裕がなくて

    ひとまず継続です(^^;)

     

    新しいブログで

    さらに積み重ねていきます♪

     

     

     

    0
      | 雑談 | 21:17 | comments(0) | - | pookmark |↑PAGE TOP
      Qメソッドトータルコース

      今日は今年最後のQメソッドセミナー。

      トータルコースです。

       

      少人数のコースなので、より具体的に

      個人の悩みをQメソッドで解決するための学びになります。

       

      今回のテーマは「手放す」

       

      手放すって聞くと、冷たい印象がありますが

      本当は信じて、愛してないと手放すことってできません。

      ギュッと握りしめていることは執着になってしまうから。

       

      私も最初はそれが理解できなくて

      「手放すなんてできない!」と頑なに拒みました。

       

      今まで作り上げてきた自分を手放してしまったら

      自分が消えて無くなってしまいそうで、何も残らない気がして。

       

      でも、手放してみたら、うーんと楽になりました。

      全く無くなってしまうこともなく、私は今まで通り存在しています。

       

      大事だと思っているものほど手放せないけれど

      それと同じだけ執着や固執しているのであって

      大切に思うなら、愛しているなら手放すことも必要。

       

      手放したら見える姿もあります。

      決して切れてしまうことはないから安心して手放してほしいのです。

      さらに広い世界が見えてきます。

       

       

      セミナーが終わって外に出たら、すっかり夜になっていました。

      イルミネーションが綺麗でした♪

       

       



       

      0
        | Qメソッド | 23:14 | comments(0) | - | pookmark |↑PAGE TOP
        「ローグ・ワン」 観てきました

        スターウォーズ好きの友人に誘われて

        「ローグ・ワン」を観てきました。

         

        今回のお話はエピソード4のちょっと前。

        さらっと紹介されていた部分を掘り下げた作品。

         

        スターウォーズは全作観ていますが

        どうしても登場人物と相関図が覚えられず(>_<)

        詳細を突っ込まれると返答は何もできません。

        でも、好きです。これは確か。

         

        今回は今までとは全く別のお話なので

        先入観なく観ることができました。

         

        が、登場人物と惑星の名前を一致させるのに時間がかかり

        “今のは誰だっけ?” “これはどこだっけ?”と

        頭のなかで?マークを浮かぶことが何回もありました(-_-)

        カタカナの名前が苦手なので仕方ない現象です。

         

        お話の内容は良かったです。

        どうやら、監督さんが日本映画を参考にされているようで

        そこかしこに日本テイストがありました。

         

        日本人が好きそうなストーリー展開で

        刹那的な美学をひしひしと感じて、個人的には面白かったです。

        切ないけど美しい・・・そんな清々しさです。

         

         

        それから、デス・スターがちゃんと機能していてよかった(笑)

        ただ、でかいだけっていう印象しかなかったのですが

        しっかり使えるんだな、と妙に感心してしまいました。

         

        友人はあと数回観るらしいです。

        確かに、次はもう少しストーリーに注目できるかも。

        0
          | 映画のはなし | 23:07 | comments(0) | - | pookmark |↑PAGE TOP